<< それから2週間 | main | 信州の野桜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Posted by スポンサードリンク
  • at
  • -
  • -
  • -

戦争系映画・ムービー「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

今回から新しくカテゴリーを作ってみた。
もともとあった映画&ムービーに、さらに戦争カテゴリーだけを語っていこう、
というかなり趣味の領域に入ってます。
というわけで初回はいきなりアニメだけど、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」です。

それまでのロボットアニメとガンダムと大きな違い。
それはリアルな戦争を描いた点にある。
宇宙人やら怪獣が相手ではなく、人と人の戦争を宇宙という舞台に移しただけなのだ。
また、敵にも敵なりの正義があるという、実際の現代戦争にも通じるテーマである。
中でも、この「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」はシリーズの中でも評価が高い。
それまでの「機動戦士ガンダム」、「機動戦士Zガンダム」、「機動戦士ZZガンダム」は、
この一作のための前章に過ぎなかったことを感じるほどの大作だ。
もう一つ、ガンダムの一連のテーマである「人類の革新」の何たるかを感じる内容だ。

ガンダムの世界では、人は地球から宇宙のスペースコロニーへと生活環境を代えている。
しかし、地球とは違う環境では、「人類の革新」が必要となり、そこで生まれたのがニュータイプである。
少し勘が鋭い人間に対した表現なのだが、環境が苛酷な宇宙では、必要な能力だったのだ。
また、ニュータイプは人々を導き、世界を導く役割も持っていた。
それが特にシャア・アズナブルという存在だったといえる。
「シャアの逆襲」はタイトル通りに、歴史と共に不遇の人生を歩んだシャアの最大の戦いが描かれる。
地球に隕石を落とし、地球、つまりを人類を再生させることを目的としたシャアがネオ・ジオンを率いる。
正に「人類の革新」を投げかけるものだったが、アムロがそのシャアの作戦阻止に立ち上がる。
戦いはニュータイプの中でも秀でるシャアとアムロの2人の戦いでもあった。

戦争を通じて、人はどう革新すべきかを問われる1作である。


スポンサーサイト

  • Posted by スポンサードリンク
  • at 23:33
  • -
  • -
  • -
Comments
Post a Comment









Trackback URL
Trackback
http://miki162./
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア)は、1988年3月劇場公開のアニメーション映画|アニメ映画。ガンダムシリーズの作品の一つで、シリーズのアニメ映画としては初めてテレビアニメからの編集等によらない新作として制作された。
  • 2007/08/10 12:27 PM
HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 量産型ザク MS
キットに関しては今さら申すことは御座いません。でも敢えて書きます。塗装はしやすく組み立てやすい。完成品はガンダム第一話冒頭の三機のザクの登場シーンを彷彿とさせます。ザク好きにはオススメ。シンプルなディテールと力強いプロポーション、組み易さ、関節部分の
  • ガンダムをたくさん集めました
  • 2007/10/12 3:25 PM